Main Image

消防署に寄贈してきました


沖縄アマビエプロジェクトへ賛同していただいている個人の方から
「消防署にサージカルマスクがなく、困っているのでどうにかならないでしょうか?」
との問い合わせがありました
現在、サージカルマスクは手に入りにくいマスクになります
不織布のディスポーシブル一般マスクは寄贈できますので寄贈してきました

那覇市、浦添市、宜野湾市、沖縄市、うるま市へ寄贈させていただきました
その際に、少しだけ現状をお聞きしました

救急車を呼ばれる患者さんが熱がある事を隠していたり、マスクをせずに救急車を呼ばれることがあるそうです

その際は署員の方がマスクを渡したりする為、とても気を使うそうです

コロナ患者の疑いがある場合は防護服、N95マスク等を着用し、救急車の窓を開けて搬送するそうです

搬送後も車内の消毒、関係者のケアなどとても気を使いながらの搬送になるそうです

救急現場の方のストレスもとてもあるそうです
対応していただき、ありがとうございました