Main Image

オーガナイザー / サポーター


宜野座 匠(Takumi Ginoza)

沖縄アマビエプロジェクト設立への想い

沖縄にて育ち、たくさんの仲間たちに囲まれ事業をさせていただき、大好きな島で暮らしていくことが、本当に幸せで…でも、そんな沖縄に訪れたコロナ禍。

私の仕事は諸外国との貿易業。今こそ、私の培ってきた知識や経験が人と人の温かさをつなぎ支援したいという方々の仲立ちになる事もできる。正直言うと、ただそう思って行動してきただけでした。

行動するにしたがって、協力を申し出てくれた友人も現れだんだんと小さかった「想い」が糸となって繋がり、そして温かさによって紡がれ、「ゆいまーる」として織り成されていった。そんな経路でした。

ひとり一人ができること。それを小さなことでもいい、やってみること。そうすると不思議と、こんなにも人との繋がりって温かかったんだなと、思っていた以上に感じ、心にじんわりと染み入ってきます。

今日もまた、そんな温かさを感じながら、ここ沖縄でたくさんの方々のご協力、ご支援を得て、ゆいまーるを感じさせていただけることに感謝します。

イラストレーター/アーティスト
pokke104
池城 由紀乃(Yukino Ikeshiro)

わたしの想い(うむい)

今までと一変した生活環境。新型コロナウイルスの影響で、学校休校や、外出自粛で毎日家で過ごす方々にむけてアートで心が癒され、少しでも楽しさに繋がることができないか?と色々考えまずは、無料でダウンロード楽しめるアートページをつくろうと思い、行動しました。

そこから、私だけでなく同じような想い(うむい)で行動している友人たちがいることを知り、それぞれの長所、経験を活かしてともに勇気と思いやりを感じ合うプロジェクトにすることはできないかと思い『沖縄アマビエプロジェクト』として活動し、私の想いを届けようと決心しました。

また、アートが世界を元気にすることも知っている私は、アーティストの皆様に賛同を募り協力してくれる方々のクリエイティブなアイデアで、この時がより豊かな気持ちになれたら…クリエイティブな発想を皆でシェアできたら…世界はきっとさらに豊かになっていく。そう信じています。人と人がつながりを感じ、心が満ちるページになってほしい。そう願っています。

清水 麻美(Asami Shimizu)

愛と喜びを創造へ

世界が大きく変わろうとしている今「私にできることって?」と考えると頭の中に浮かぶのは『喜び、創造、表現、認め合うこと』という言葉でした。

私自身、教育、食の活動をさせていただいており、医療従事者の方々へ感謝の製作を行いお送りしました。友人たちも同様の活動をしていて、どうにかして、ひとりひとりの想い(うむい)を見える化したい!そうすれば、個々の表現に感謝し、喜び合い、認め合う輪が広がっていく。それは、ここ沖縄が昔から培ってきた「ゆいまーる」の精神に他ならないと思いました。私もまた、そんな沖縄の自然と文化、人との繋がりに惚れ込んでいる身。

これからは皆が想像して、ともに創造していく時代。ひとり一人の愛と喜びが、人、社会、そして自然(地球)に反映されていくことを願っています。少しでも沖縄アマビエを通して、ご協力いただいた方々の愛を感じ、皆様の健やかな時へと注がれていきますように。

中野 陽子(Yoko Nakano)

つながりを大切にしたい

これまでの当たり前の生活が急に変化しとまどう毎日の中で、何かできることがないかを模索していたときに声をかけてもらい、沖縄アマビエプロジェクトに参加させてもらうことになりました。

私は、5年に渡る海外生活で、たくさんの人に助けられ、お互いを思いあう心や人とのつながりの重要さを身にしみて経験しました。特に沖縄つながりで知り合った仲間たちには言葉にできないほど感謝しています。その経験から、このプロジェクトを通じても、「思いやり」や「つながり」を感じてもらえたらと思います。

小さな島の取り組みが、大きな心となってゆいまーるとなるように、サイトを訪れる方たちに新しい発見や楽しさを届けられると嬉しいです。

サポーターのみなさん
沖縄アマビエプロジェクトをサポートしてくれてありがとうございます。

  • 小倉 綾佳(Ayaka Ogura)